松永太 共犯の緒方純子と一緒に様々な人間を殺した2

すべての犠牲者の遺体は細分され、鍋で煮た。
彼らが犠牲者の身体を細分したとき、マンションの住人は騒音を聞き、悪臭を感じた。
犠牲者の遺体は最終的に洗面所や海に投棄された。
マンションは殺人直後に改装された。
松永は、2人の子供のほかに家族の中で唯一の生存者であった純子に殺人事件を起訴した。

その後も松永の犯罪は続いた。
2000年7月、母親は結婚の見通しによって誘拐された家から逃げ出した。
彼らは2000万円の詐欺をした。
2001年8月、彼女は双子を渡した。
彼らは子供を育てる費用として彼女に多くのお金を騙した。

逮捕と裁判
2002年1月30日に捕虜収容所にいた久美雄さんの娘は、太から脱出したが、太は2002年2月15日に女の子を見つけた。
その女の子は感電虐待を受けた。
2002年3月6日、少女は太刀島から再び脱出し、犯罪と警察に通報した。
当時、彼女は17歳だった。

警察は、翌日に太と純子を逮捕した。
警察は4人の子供を保護した。
双子とカップルの2人の子供。
容疑者は2002年9月18日に綾さんを殺害して逮捕された。
2002年10月12日に高嶋さんを殺害して逮捕された。

彼らは2002年12月6日に静美さんを殺害して逮捕された。
2003年2月3日に久美雄さんを殺害して逮捕された。
彼らは2003年2月25日に理恵子さんを殺害して逮捕された。
彼らは2003年5月30日にを主也さんして逮捕された。
少女は殺人事件で告発されていなかった。

純子は静かに殺人事件を認めたが、松永氏は自分の無実を主張した。
肉体的な証拠はなかったので、警察は主にその女の子の証言と純子の証言を使った。
2005年9月28日、福岡の地方裁判所は、彼と純子にぶら下がって死刑を宣告した。
裁判所は6件の判決を認めたが、高島は殺されていないが、感電事故で怪我をして死亡したと考えた。

彼らは決定を上訴した。
2007年9月26日、松永が再び死刑判決を受けたが、松永は家庭内暴力で犠牲者を殺さなければならないため、刑法の判決は執行から終身刑に変更された。
事件は説明するにはあまりにもひどいので、マスコミは事件の詳細を報告することがでこなかった。
しかし、佐木隆三を含むいくつかの勇敢な作家が、事件の詳細を書いた。

被害者
虎谷久美雄さん-少女の父親
緒方誉さん-純子の父
緒方静さん-純子の母親
緒方理恵子さん-純子の妹
緒方主也さん-理恵子さんの夫
緒方優貴さん-純子の甥
緒方彩さん-純子の姪

残酷でねじれて非人道的な連続殺人夫婦のための死もあまりにも良い-2005年10月7日
松永太と緒方純子が銃撃を受けたことがあるが、7人を殺害したとされる夫婦を実行するだけでは不十分だという人がいる(10/15)。
福岡地方裁判所の小倉支部は、犯罪が残酷でねじれて非人道的だ」と言って、緒方と松永に死刑を言い渡した。
2002年3月に逃げた幼い少女のためのものではなく、日本の犯罪歴には匹敵しない凶悪な恐怖の物語を明らかにした。
17歳の少女は、1996年からわずか2年間で、松永と緒方が緒方の両親、妹、義理の兄弟とその2人の子供、そして女の子の父親を殺したことを明らかにした。

すべての遺体は、後に海に投棄された小さな断片に細断された。
松永の卑劣な性行為は恐ろしいものだった。
松永は、母親に擬似強姦に参加するよう強制し、10歳の少女だけだった緒方の姪の性器にスタンガンを使いた。
電気ショック と捜査当局は語った。
松永の家を襲撃したとき、私たちは撮影したポルノの写真やビデオをたくさん見つけた。

松永が裸の女性を歩かせていた写真もあった。
驚くべきことに、逃亡者が残酷な夫婦になった少女は、松永と緒方の手で長年の拷問を受けていたにもかかわらず、彼女の人生を一緒に戻している。
少女が脱走した最初の事の一つは、松永と緒方のバーチャルスレーブのような試練の中で経験したすべてのことで緩やかになったという。
父親が殺される前の頃(1996年頃)に、夫婦は彼女と父親を嫌悪にすることを約束した」と彼女は言った。
「松永と緒方は父親に攻撃を命じたが、その経験は本当に彼女を傷つけているようだった」と友人は話す玄田修館。

寒い冬に、夫婦が冷たい冷たい水を吹き付けながら凍ったバスルームに閉じ込められた寒い冬には、彼女は拷問だった、と彼女は言った、松永と緒方は、しかし、彼女は父親の体の部分を使って作ったシチュー(松永と緒方)と、松永が肉汁を飲むように主張していたことについても話した。
彼は人間ではない。
生き地獄、 21歳の女性が彼女の足を見つけている。
彼女は夜間学校に通って子供の家でアルバイトをしているが、高校にはあまり行かなかった。
彼女は18歳になるとライセンスを取得した。

今、彼女は本当に明るい。
「彼女は幸せそうに見えるが、ちょっとしたメイクをしてみるとかなり目を引くものだ」と、友人は言う。
それでも、若い女性が行った暗い日は明らかに完全に消えていない。
彼女は、「松永と緒方が悔い改めて嫌い」と、友人は現代の現代に伝えている。
彼女はできるだけ早く処刑されることを願っている」と述べた。

7人の顔面を殺すと非難されたペア-ジャパンタイムズウィークリー-2005年3月12日
検察は死刑を求めた3月2日の間彼らのアパートに住んでいた7人殺害の訴えカップルのために 1996年2月と1998年6月を。
松永太と緒方純子(ともに43歳)は、緒方さんの親戚6人と親戚ではない34歳の男を殺したと非難されている。
検察は、厳しい刑の執行において、福岡地裁の小倉支部に対し、夫婦の行動は残酷で、わが国の犯罪歴を比較しない」事件として大きな責任を負ったと述べた。
検察は、被告らは、被害者を繰り返し暴行し、成人からの資金を引き出すために拘束したと述べた。

お金がなくなるか、犯罪についての恐れが出てきたら、被害者は別々に殺され、彼らの体は解体され処分された。
犯罪の物理的な証拠は今までに見つかったことはない。
殺人事件は、2002年3月、10代の女の子がアパートから逃げ出したときに現れ、彼女は警察に閉じ込められ、電気ショックを受けていると言った。

アドマックス