片桐操 警官を殺した少年ライフル魔事件の実行犯

片桐操、1965年7月29日は日本での少年ライフル銃乱射事件の犯人であり、警察官を殺し、17人が負傷した、が、彼最終的に警察官に捕らえられた。
片桐は後に日本によって死刑になった。
片桐は東京都世田谷区で生まれ、銃を愛していたという。
1965年7月29日、神奈川県佐満市の小銃で死亡した警官1人を死傷させた。

彼は拳銃を盗んで4台の車を乗っ取った。
東京都渋谷区では、渋谷消防署近くの銃器店に入り、4人の人質を拘束し、警察と銃撃戦を起こした。
長山則夫を含む約5,000人が銃撃を目撃し、その間に16人が負傷した。
1人の人質が彼を攻撃し、警察官は最終的に彼を捕まえた。
片桐は7月21日に死刑を宣告され、1996年6月に大塚公子氏の著書の「死刑囚の最後の瞬間」が角川書店により発行された。

アドマックス