西沢裕司2 飛行機を操縦したい動機で操縦手を殺した

1999年 7月23日、東京都大田区の東京国際空港(羽田空港)から、14名の子供と14名の搭乗員を含む503人のボーイング747-481Dが離陸し、新千歳空港へ向かった。
西沢裕司)に乗っ取られたとき、札幌近くの千歳(千歳)。
離陸から約25分後、西沢は乗組員に操縦室へ侵入した。
彼はその後、34歳の副操縦士の古賀和幸さんと機長の長島直之さんがコックピットに残っているうちハイジャックについてATCに通知するために管理し、西島は長島を20センチメートルのキッチンナイフを胸に突き刺し、飛行機を支配し、標高300メートルまで降下した。
午後12時9分、乗組員は西沢を鎮圧し、古賀さんはコクピットに戻り、航空管制官に「緊急事態で、船長は刺された。

救急車を準備する。
羽田空港に午後12時14分に緊急着陸し、直ちに逮捕された。
横浜の長島さんの死が、飛行機の直後に確認された。
西沢は殺人罪で起訴された。
1970年9月8日 に東京で生まれた西沢 は、当時、東京の江戸川区の28歳の失業者だった。

調査中、西沢はエピソード前に大量のSSRI(うつ病の治療に使用されている抗うつ薬)を服用していたことが明らかになり、東京のレインボーブリッジの下で飛行したいという理由で飛行機をハイジャックしたという。
2005年 3月23日、彼は有罪判決を受けたが、心が不安定だったため、彼の行動は部分的にしか責任を負わなかった。
靖国神社の裁判長は西沢に2005年に終身刑を命じた。

長島氏の家族は、長島氏の死を理由に、ANA、日本の国家と西沢の家族を訴え、空港の安全性が悪く、飛行機に乗ることが事件につながったと主張した。
2007年12月21日に未公開条件の和解に達した 。

西沢裕司
逮捕された後、警察に通報されたと報道された。
裕司は28歳の失業者だった。
彼は過去にうつ病の治療を受け、自殺を試みた。
彼はフライトシミュレーションゲームの本当のファンでもあったので、実際の飛行機を飛ぶことは人生の彼の目標だった。

彼はコンピュータの前で座っている時間が飛行機の専門家になったと思っていたようだ。
1999年7月23日、全日本空輸ボーイング747に乗り込んで、東京から札幌市北部に飛行機を飛行し、目的を達成することを目的とした。
離陸2分後に西沢裕司は8インチのナイフを引き出し、それを機動隊の背中に押し付けた。
彼は彼女に操縦士に彼を連れていかせた。
「お前が死ぬことを望まないなら、操縦席を代われ」

コシピットの中に入ると、西沢は副操縦士を強制的に撤退させ、東京西部の米軍の横田基地に向かって操縦士に指示した。
操縦士が拒否したとき、彼は首を刺され、コントロールをつかんで操縦しようとした。
彼は夢の空想の次の座席で誰かが出血しているのを疑うが、彼の夢を実現していた。
まあ、それは飛行が裕司が思ったほど簡単ではなかったようだ。
高度が突然下がった後、副操縦士と別の人が操縦室に突入して、彼を叩きつけ、ネクタイで縛った。

パイロットである長島直之さん(51)は、医師が死亡したと発表した。
ニュースによると、長島さんは首と肩に刺し傷を負って死に至った。1970年以来、日本の20機の飛行機ハイジャックにおける乗客または乗組員の最初の死であった。
1時間後に飛行機が東京に戻った後、517人の乗客のうちの何人かが報道陣に話をした。
ほとんどの口座では、「狂った」髪と汚れた白い手袋を手に持っていると説明されている。
彼らが彼の飛行手袋だったのだろうか。

他の乗客によると、ハイジャッカーはナイフを抜く前に困惑しているという兆候があったという。
川瀬喜子さん(60)は、緊張して手袋を着用していたため、席にいる間に男に気づいたと話している。
裕司が最終的に話す機会を得たとき、私たちは東京のレインボーブリッジの下を飛ぶことを望んでいた。
西沢裕司は、1999年のクリスマスの直前に多くの犯罪に罪を犯した。
また、裁判所の聴聞会では、ハイジャックと殺人罪で「何も間違っていない」と述べた。
西沢は聴聞会で犯行罪で告発されたかどうか気にしないと叫んだ。

殺人の世界
ANAのハイジャック、パイロットを殺した-ジャパンタイムズ-2005年3月24日木曜日
1999年、全日本空輸のジャンボジェット機をハイジャックし、パイロットを殺して東京湾のレインボーブリッジの下で飛行させた男が、水曜日に懲役刑を言い渡された。
裕司西沢、34は、簡単に飛行機の制御を取る前に包丁で胸に、51、1999年7月に国内の飛行中にボーイング747をハイジャックし、飛行機のキャプテン、直之長島を刺すの東京地方裁判所で有罪判決を受けた。
この試行中、西沢は東京湾を横断して東京の芝浦地区とお台場地区を結ぶ「レインボーブリッジの下を飛行すると考えた」と告白した。
検察は生命刑を要求していた。

靖国神社裁判長は、「ハイジャック事件は、日本の犯罪歴では類を見ない、危険な悪質な犯罪であり、航空機の安全な運用に対する人々の信頼を大きく損なうものであった」と判決を伝えた。
裁判の中心的な議論は、西沢が彼の行動に責任を負う時期に心理的に合っていたかどうかであった。
裁判官は、犯罪の時に抗うつ薬を服用していた西沢は、部分的にしか責任を負うことができないと判断した。
靖国神社は、「被告は犯罪に対する重大な責任を負っており、死刑判決を言い渡すことは避けられないが、裁判所は責任を軽視した。
「被告は、衝動的に殺意を思い付いたと彼はパイロットがコックピットを残していなかったとして飛行機を操縦するために彼の計画を遂行することができないであろうという強烈な不安や不満を受けた後、パイロットが死亡した。」
パイロットを殺した後、西沢は一時的にその航空機を支配し、503名の乗客と14名の乗組員を持ち、300mの高度まで一点で降下した。