小平義雄 中国人や日本人の女性を強姦して殺した戦前の兵士

小平義雄 (小平義雄小平義雄、1905年1月28日- 1949年10月5日)は強姦や連続殺人を犯した日本の兵士だ。
彼はまた、日本軍が第二次日中戦争以前に残虐行為をしたと言った数少ない元軍人の一人でもあった。
小平は幼少時に吃音に苦しんだ。
彼は1923年に日本国海軍に加わった。
彼は済南事件に参戦した。

彼は1928年に6人の中国人兵士を殺害した。
彼は中国の多くの中国人女性を強姦したり殺したりした。
大沽砲台では、彼は妊婦の腹に剣を刺した。
彼の中国の被害者の正確な数は不明である。
彼は1932年に帰国して結婚した。

彼の妻は別の女性の子供がいたので彼から逃げた。
彼は怒って1932年7月2日に父親を殺して義理を殺し、鉄棒で6人を負傷させた。
彼は逮捕され、1940年に解放された。
1945年5月25日から1946年8月6日まで、栃木と東京で10人の女性を強姦殺したと考えられている。
5回目の殺人時に、彼は死んだ女性を強姦した。

1946年8月20日、彼は逮捕された。
彼は裁判所で3件の殺人を棄却し、地裁は1947年6月18日に10件の殺人事件のうち7件を認めた。
未確定の3人の犠牲者の1人は不明であった。
最高裁判所は1948年11月16日に死刑判決を言い渡し、1949年10月5日に処刑された。
彼は処刑される前にたばこを喫煙し、落ち着いた。

彼の事例に基づいて、イギリスの犯罪小説家デイヴィッド・ピース は2007年に「Tokyo Year Zero」を出版した。
1905年に生まれた小平義雄は、暴力的なアルコール依存症で、初級の先生が「恥ずかしがり屋ではなく、日常的に戦いに出る」と語っていた。
このパターンは小学生全般にわたって続いた。
小平はさらに重度の吃音で障害を受け、23人のクラスでは21位だった。
高等教育の代わりに東京の金属工芸品に弟子入りし、数ヶ月以上続く一連の青色の仕事を漂った。

18歳で未婚の父親になり、彼は親の義務を免れるために帝国日本海軍に加入した。
日本の艦隊の船員として、小平はすぐに様々な港で低地の売春宿に慣れた。
1927年までに、中国本土に対する日本の行動に巻き込まれ、無力な民間人のレイプや殺人など様々な残虐行為に参加した。
自分の宝石を盗んだと言い女性を強姦。
妊娠中の女性の体から胎児を取り除く。

その堕落した行動に従事した。
そして、毎分を愛していた。
1932年までに民間人の生活の中に戻った小平は、父親の反対を受けて神道司祭の娘と結婚した。
小平が父親の罰金を打ち負かすことで1つの議論を解決したとき、組合は暴風に襲われ、ロンバーで他の家族を傷つけた。
1940年の一般大赦免で解放され、東京の海軍施設で民間人従業員として働いていた。

彼の下位職の大部分は女性であり、小平は仕事をしている間に彼らを監視する習慣を築いた。
1945年5月25日、彼は19歳の宮崎光子さんの一人を強姦して絞殺し、敷地内の空襲避難所の後ろに死体を隠した。
日本はその間に頻繁に空爆され、太平洋の島の要塞は水陸両用の侵略者に落ち、小平の犯罪は発見されず、戦争の混乱が犯行から警察に気を散らすようになった。
彼の成功を奨励し、彼は30歳の女性を6月22日にレイプさせて殺した。
3週間後、7月12日、彼は22歳の中村光子さんを殺した。

第4犠牲者、22歳の紺藤和子さんが7月15日に死亡した。
松下ヨシ江さん(21歳)が9月28日に死亡した。
10月31日に篠川遠江さん(17)12月30日には馬場寛子さん(19歳)が殺された。
小平はその後、1946年6月30日に次の被害者、15歳の阿部よしさんを主張し、6ヵ月後に息を呑む  ようになった。
女性社員が犠牲になることなく、公平な場面で、女性たちが食べ物やその他の物資を購入するのを手伝って、闇市場を繁栄させようとしている。

小平は、10月10日に17歳の緑川龍子と出会い、友人たちに親戚の名前を愚かに渡して家に帰るなど、親睦を深めた。
琉球は6日に姿を消し、談合のために小平に会いた。
数日後には、東京の増上寺で裸の死体が発見された。
近くにある第2の身体は、渋谷の両親によって行方不明と報告された篠川遠江さんと同定された。
警察は、両子両親の名前を得た後、小平を探しに行き、寛容の嘆願をせずに自由に罪を告白し、1947年8月20日に死刑を宣告された(殺人事件のほか、30以上のレイプを告白した2年2か月後、1949年10月5日の朝、小平は宮城刑務所に拘束された。

彼の処刑を受けて、日本の作家江戸川乱歩はこの事件を理解しようとした。
「犯罪の種類は特に珍しいことではない」と江戸川氏は書いた。
「同じ方法を使って繰り返したことは間違いない。」
この事件は、戦争が終わってから起こった道徳の寛解に起因する可能性がある。
これは、犯罪者、被害者、社会全体のすべてがすべて罪悪感を負っているからだ。

さらに、日本の敗北によってもたらされた社会的怠慢の雰囲気は、そのような個人、特に戦闘から帰った人たちの中で野獣を引き出した。
江戸川は、南京の強姦などの事件にも反映されている戦時作戦によって、「獣」が意図的に誘発されたとは思わなかった。
冷戦時に少なくとも30万人の非武装民間人が殺害された。
暴力の乱れの中で数千人が公式に容認され、上級役員によって共有されている。
小平の犠牲者の間では、大日本帝国が意識的に何世代にもわたって無力な強姦者や殺人者を意識的に作り出していたことを認めるよりも、小平が異常者だったろいう結論に至った。