ポピュリズムの経済学2 なぜ成長と市場にとって重要なのか

さらに、1980年代初頭から2007年に始まった金融危機から、金融業界の従業員、特に米国の証券業では、所得の急増が見られた。
しかし、10年前にバブルが崩壊したとき、市場のブームを楽しんでいなかった人々の多くは、その後も深刻な不況に悩まされた。
結果として、所得平等に寄与するこれらの3つの要因はすべて、中産階級、特に年齢や適切な教育が不十分で、世界経済が変化するにつれて調整や再訓練を受けることができなかった人たちに打撃を与えた。
もちろん、これらの怒って見落とされた人々も有権者であり、米国では、彼らはトランプ大統領を選出した基盤の多くを作り上げた。

ポピュリズムは流行ではない
不平等が歴史的に高いレベルにとどまっていることから、我々はポピュリズムが過ぎ去る傾向ではなく、かなりの時間の政治的な力になると考えている。
ポピュリストに有利な政治的ムードの転換は、特にハーバードのエコノミスト、ダニ・ロドリックの主張に従えば、驚くべきことではない。
彼は、社会はグローバリゼーション、強力な国家と民主的な権利を同時に追求することはできないと考えている。
一つの目的は常に与えなければならないことである。
それは、なぜ今日、振り子が深い経済統合から個々のより強い国家に向かって振れているのかを説明するかもしれない。
例えば、前世紀の前グローバリゼーションの考え方は、世界貿易協定を支持し、貿易紛争を解決するために世界貿易機関を使用し、強力な経済通貨組合を構築した。
今日、人民共和国は国家主権の権利を奨励し、国際協定を解除している。
ブレキシットの票決と新たな米国政府のトランシット・パシフィック・パートナーシップからの撤退が一番の例である。
ポピュリストと政治運動の議題が大きく異なる可能性があるにもかかわらず、ポピュリスト政党は、世界の政治的雰囲気の全体的な変化に直結しているのは明らかだ(図4参照)。
明示的に市場に優しいものもある。
例えば、米国内の人民元や「先導者」などだ。

その他の国々は、重要な国家の介入を特徴とする政策を追求している。
例えば、ギリシャのシリアやフランスのマリン・レペンの国家戦線などだ。
同時に、いくつかの信念は大部分の大衆的組織で同様だ。
その中でも、超国家的および国際的な組織を犠牲にして国家の主権を育成し、代表的な民主主義よりも直接的な民主主義を優先させたいという要望がある。

いくつかの例外を除いて、多くの民衆主義的プラットフォームには、反移民政策の実施や財やサービスの自由な移動の制限など、他の共通の厚板がある。
不平等を多くの民衆主義的グループの共通のテーマとしているが、必ずしもそうではない。
しかし、興味深いことに、金融危機後に予想されたことに反して、金融部門のより厳しい規制は、民衆主義政党の広範な目標ではない。
トランプ大統領は銀行規制を縮小しようとしており、英国政府は、世界的に有力な金融センターとしての地位を維持するために、ブリクシットの金融システムへの影響を最小限に抑えようとしている。

Schularick(シュラリック)教授(ボン大学)等による学術研究
ポピュリストが誕生した国々では、27の歴史的観測に基づいて、2年と5年の中央値のインフレ調整後の各国の株式、債券、通貨の業績数値がそれほど悪くないことが示されている。経済成長は政府支出と投資活動の恩恵を被る傾向があった。
市場は最近、大衆勢力の勝利を肩をすくめた
ポピュリズムがまもなく消えないろうと予想するのが正しければ、経済成長と資本市場にどのような影響が及ぶのだろうか?2016年の市場動向を見てみると、答えは思うよりも明らかではない。
英国の予想外のプロブレイド議決は、市場で数日以内に飲み込まれた。
市場は数時間でトランプ大統領の驚いた選挙勝利を肩をすくめた。
レンジー首相が5スタームーブメントの率いる野党に敗れたイタリアでの2016年12月の国民投票後に起こった市場の不況を思い起こさせる人はほとんどいない。
最近の出来事に対する市場の反応は、外れ値のように感じる - 市場は政治的な驚きを好まないと思うが、それは正当なものなのだろうか?残念ながら、答えは不明だ。

シュラリック教授等による学術研究2
ポピュリストが誕生した国々では、27の歴史的観測に基づいて、2年と5年の中央値のインフレ調整後の各国の株式、債券、通貨の業績数値がそれほど悪くないことが示されている。
経済成長は政府支出と投資活動の恩恵を被る傾向があった。
しかし、ポピュリズムが今日の経済にどのような影響を与えているのかについて確かな結論を出すには、シュラリック氏の経験的研究を用いることが疑わしい努力となる理由はいくつかある。
この調査に示されたメジアン・リターンはプラスであったが、その業績数値は広範囲に及んだ。

加えて、最も重要なのは、分析に含まれる国々の大多数が小規模な経済を抱えていたこと、および/または30年間にわたり金融危機に突入した大衆に支配された民衆主義者によって支配されたことである。
これらは、まともな世界的成長とグローバリゼーションによって特徴付けられた年であり、結果は正の側面に偏っている可能性がある。
さらに、先進国のほとんどすべてが今後数十年間に労働力不足に直面しており、移行はこの問題を緩和するのに役立つだろう。その結果、壁を建てることは、少なくとも経済的な観点からは、成長を刺激するために必要とされるものの反対だ。残念ながら、ファイナンシャルタイムズによると、世界の国境にある壁の数は、金融危機以来3倍以上に増加している。