西川正勝 スナックの経営者(ママ)を4人殺した男

最高裁は、1991年の1カ月以内に西川正勝容疑者(49)を西日本のスナックの経営者(ママ)の女性4人を殺害した容疑で、下級裁判所が提出した死刑判決を支持した。
西川は1991年12月13日から12月28日まで、彼女たちが経営していたバーで女性を絞め殺して殺害した。
彼は有罪を訴えたが、大量のアルコールを酔わせたため刑事責任を取るべきではないと主張した。

シリアル・ホステス・キラーで起訴された実行判決-毎日新聞-2001年6月20日
大阪府高等裁判所は、幼少時代にもかかわらず、殺人犯の西川正勝さんの犯罪行為を防ぐための根拠はないとしている。
高裁は、西川容疑者に指示した下級裁判所の判決を却下し、90年代初頭の5人の中年女性の強盗殺人事件について45歳の男性の有罪判決を支持した。
「あなたの犯罪は、無防備な女性を殺すための計画的な意図に基づいて、残酷で無情だった」と、川上裁判長は死刑判決を支持した。
鳥取県出身の西田氏は1991年に起きた犯罪で4件の窃盗と殺人事件で有罪判決を受けた。

被害者は松江と京都の2人の55歳の女性、京都の51歳、姫路の45歳。
西川容疑者は1992年1月に大阪で女性を絞殺しようとした後、殺人未遂を犯した5番目の罪で有罪判決を受けた。
防衛弁護士は、西川は最初の3人の殺人事件を無罪としたと主張した。
彼らは姫路市の殺害を認めたが、容疑者は緊張状態に苦しんでおり、当時は酔っていたという。
弁護士は、彼が何をしているのか分からず、殺害の責任を負うことができないと言いました。

川上氏は西川容疑者の無罪容疑を棄却し、DNA検査は彼が3人の殺害の責任を負っていたことを示していると述べた。
彼はまた、西川の精神状態が減ったという主張を放棄した。
「西川は自分が何をしているかを知っていたという合理的な疑念を示唆する根拠はない」と川上は主張した。
川上氏は、西川には争いに満ちた背景があると認めたが、犯罪で死ぬべきだと強く主張した。
「奪われた幼年期が自分の性格形成に悪影響を及ぼしたとしても、私は死刑を執行する以外に選択肢がない」と川上氏は述べた