勝田清孝 映画の題材にもなった泥棒連続殺人犯

勝田清孝、1948年8月29日- 2000年11月30日は、 日本の連続殺人犯だった。
1983年1月31日、彼は逮捕された。
彼は22人を殺したかもしれないが、警察は8人の殺人を告発した。
刑務所では、彼は人々を信頼することができなかった。
ペンネーム「栗栖宥子」を使用している名古屋在住の主婦のクリスチャン以外の人には会っていなかった。

彼女は妹の嫁になったので、藤原姓になった。
1994年1月17日、最高裁判所は、日本最高裁判所史上初めて、2回の死刑判決を言い渡した。
1つは1972年から1980年の間に7回の殺人をしたもので、もう1回は1982年に人を殺害したものだった。
彼は2000年11月30日に処刑された。
勝田清孝 は連続殺人犯以外に泥棒もした。

勝田容疑者は数人の殺人事件を犯し、逮捕される前にいくつかの家屋を奪った。
彼が約束した殺人事件の正確な数は不明である。
彼は犠牲者を絞め殺して殺した。
彼の最後の犯罪は1982年に起こった。
10月27日に、彼は車で警官を襲い、拳銃を盗んだ。

10月31日、彼は強盗をしようとしたが、失敗した試みの間に拳銃で男を殺した。
11月1日、彼は生き残った別の男を撃った。
彼は武装していたので、勝太は引き続き捕らえられなかった。
事件は正式に メトロポリタン指定事案113と命名された。
1983年1月31日に、彼は拳銃で男を脅かしながら逮捕された。

彼は当初、犠牲者を殺しただけで犠牲者を殺したと考えられていたが、その後7人の他の殺人に告白した。
彼は22人もの人を殺したかもしれないが、警察は彼に殺人の八件だけを告発した。
警察は、勝田さんが犠牲者を殺害する前に強姦したと疑っていたが、これを証明することはできなかった。
彼の犯罪は、消防士だったので、日本に大きな衝撃を与えた。

1984フィルム「連続殺人鬼冷血」は彼の罪に基づいていた。
映画では、勝田は名前を辰田清志に変えられた。
自分の犯行記録を持つ中山一也は、辰田役を演じた。
刑務所では、彼は仲間の受刑者を信じていなかった。
投獄されている間、彼はクリスチャンの女性に会った。

彼女は義姉になり、その後藤原清孝に名前を変えた。
1994年1月17日、最高裁判所は、日本最高裁判所の歴史の中で初めて、彼の2つの死刑判決を支持した。
1つは1972年から1980年の間に7回の殺人のためのもので、もう1本は1982年に拳銃で人を殺すためのものだった。
彼は2000年11月30日に処刑された。
連邦殺人犯の犠牲者のリングを返す裁判所-2000.12.15-毎日新聞先月行われた連続殺人犯勝田清孝の8人の犠牲者のダイヤモンドの指輪が、死んだ女性の家族の許可なしに裁判所の公式により売却されたが位置していたとされた。

名古屋地方裁判所の当局者は、1994年に同法廷で売却された1カラットのダイヤモンドの指輪が、名古屋のアンティークショップで発見されたと語った。
裁判所は、沖縄県に住む犠牲者の椎名義子の親戚に通知し、正当な相続人にダイヤモンドを返却する。
勝田は1972年から1982年まで殺害し、8人を殺し殺した。
1977年8月、名古屋市昭和区の美容師からリングを盗んだ。
勝田は11月30日に死刑になった。

アドマックス