個人情報 クラス名簿や連絡網と個人情報

当然、クラス名簿や緊急連絡先の情報は学校外の第三者に引き渡されることが想定されており、個人情報の漏洩ということが多いようだが、慎重な判断が必要である。
児童や児童の名簿や緊急連絡先のネットワークを作るために生徒全員のリストを自宅に持っていった先生が、名簿を車に放置したので、車上荒らしに盗まれたという話。
学校の管理責任として、名簿が車に残っているだけでなく、学校から持ち出されるべきではないすべての生徒の個人情報をが盗まれた。

学校経営を怠りいい加減に管理してしまい漏洩してしまったため、個人情報の漏洩などの問題とみなされる。

しかし保護者や児童が紛失した場合は、学校運営の責任はなく学校管理責任は問われるものではないので、それは問題ない。
しかし児童に配布されるクラス名簿や緊急連絡先のネットワークの情報を持ち出すのはクラスの生徒だけであり、児童や保護者が紛失する危険性もあるが、安全・情報共有のためのコミュニケーションのシステムの確立がより有利な分担を持つという相互確認がなされているので、いくつかの危険の相互予測ができる。
学校として最も安全な方法を取ることが必要であり、教育や児童の安全のためにも必要であり、その目的のための情報の正確な管理が必要である。

具体的には、クラス名簿を直接保護者に渡したり、生徒にそれを渡したい時は、それを忘れることを避けるために何度も注意を喚起するなどの工夫が必要である。
また保護者は違法な使用方法、第三者への売買等があることを、十分に納得するまで教える必要がある。
また、親協会などで注意を促したり、手紙などで注意を促したりするのも効果的で、親会などで手紙などで注意を繰り返しても効果的です。
このように管理されているならば、ある範囲の事故が想定され、防ぐために必要な措置が講じられているため、漏洩の事態が発生しても管理は適切であったため、責任は発生していないといえる。このように管理されている場合には、ある事故が想定され、それを防ぐために必要な措置を講じる限り、漏れの事態が発生しても管理は十分であったため、責任問題は生じないといえる。

アドマックス