個人情報 学校はできるだけ情報を必要なだけ集める

目的を広げ、できるだけ情報を必要なだけ集める。
教育現場でも、企業のように、顧客保護の要求をそのまま利用するという考え方は、明示、使用目的必要な範囲内でのみ収集しなければいけないと言われるが、私はそのようなアイデアは明らかに間違いだと思う。
教育環境では、学生と教師の間の自由な情報交換が保証されなければならず、生徒たちはすべてについて教員と相談し、教師は生徒の悩みにや家での一日ついて考える教育を奨励する。
このような自由な情報交換の中で実り多い教育が初めて確保されると言えるだろう。
個人情報保護法では、個人事業者による個人情報の取扱いについて一般的に言及されているが、原則は顧客と会社との間の情報転送の中心的な問題である。

顧客は、会社への情報提供を承認または拒否する権利を保持し、事業者による事業要求の遵守に基づいて個人情報を提供し、事業者は、顧客との契約に従い、このようにして収集した情報を厳格に管理し使用することが個人情報保護法の基礎である。
一方、学校では成長し毎日変わる生徒とそれを見張る教師との間の情報交換や情報交換が基本であり、情報の交換は会社のとは別物と言えるかもしれない。
作文を書くときでさえ、それがどんな目的のために使われているかを尋ねる場合も、その意見に何を使用するかなどについて話し合う必要がない場合は、そのような使用目的を表示する意味はない。
なので、学校職員は、教育を実現するために必要と判断した場合には、生徒から自由に情報を求め、情報を利用できると考えるべきである。
それゆえ、「教育のため」という目的だけで十分である。

アドマックス