加藤智大1 秋葉原でトラックで轢き殺した虐殺犯

秋葉原通り魔大虐殺事件は、2008年6月8日、秋葉原の商店街で起こった。
午後12時33分に、男がトラックで群衆を襲って、結局3人が死亡し、2人が負傷した。
彼は4人を殺して8人を負傷させた(最初は生存ナイフとして報告された)ダガーを使用して少なくとも12人を刺した。

東京都警察は、殺人未遂容疑で加藤智大を逮捕した。
容疑者は、ジャケットとオフホワイトのズボンを着た黒いTシャツを着て、静岡県須の町に住んでいた。
彼は万世橋警察署で開催された。
6月10日の2日後、東京地方検察庁に派遣された。
彼は6月20日、殺人容疑で警察に再逮捕された。
2008年10月10日、彼は起訴された。

加藤容疑者は、秋葉原の神田明神通りと中央の道を渡って2トンのトラックを借りて運転した。
神田明神通りは交通の便には恵まれたが、毎週日曜日や休日には、歩行者天国という歩行者の買い物の利便性のために中央交通が閉鎖される事がある。
そこに加藤がトラックを走らせ沢山の人々をはね殺したのだ。

警察は、同日朝、赤信号を無視した後、午後12時33分にトラックで5人を命中したと結論付けた。
犠牲者の世話のために集まった人もいれば、彼はトラックを出て少なくとも12人を刺したと証人は彼が叫んでいたと語った。
警察は彼を追いかけ、彼を狭い路地に追いつめ、警官は彼に銃を向ける。
彼はナイフを落とし、トラックから約170メートル離れた場所で午後12時35分に警察に取り押さえられた。

被害者

通行人が被害者を復活させようとしたとき、少なくとも17人の救急車が現場に駆けつけられた。
5人の被害者が、現場で心停止に入ったと伝えられている。
当初、攻撃から2人が死亡したと報告され、その日に死亡者は7人に増えた。
その後、3人の犠牲者がトラックに当たった結果死亡し、他の4人は両刃のサバイバルナイフ(ダガーナイフ)で刺されたことが剖検によって判明した。

警察や病院関係者によると、7人のうち6人が藤野和倫と川口隆裕(いずれも19歳)、中村勝彦(74歳)、宮本直樹(31歳)、松井満(33歳)、小岩和弘(47)。
女性、武藤舞(21)も殺された。
コミュニケーション記録によると、武藤はメッセージを出さなかったが、携帯電話から警察に緊急電話をかけた可能性が高いという。
その後、その日には、通行人によって一時的な記念碑が作られた。

初期の生活と教育

本州青森市の郊外に生まれた加藤智大、(1982年9月28日生まれ)彼の父親は金融機関のトップマネージャーだった。
加藤の成績は小学校では例外的だと考えらた。
彼は筑波中学校に入学し、中学校のテニスクラブの部長に就任した。
高校の青森県青森高校に入学し、自宅で激しく行動し始めた。

加藤は同級生に不人気だった。
北海道大学の入学試験に合格しなかったため、中日本自動車 短期大学の自動車整備士として訓練を受けた。
彼は静岡県中部の自動車部品工場で臨時労働者に雇われたが、最近6月末に仕事が断たれると言われた。
伝えられるところによると、両親とうまくやり合わず、帰宅することはめったになかった。

隣人は、彼が両親によって処罰されていると説明した。
彼は冬の間、深刻な寒さで何時間も外に立たされた。
攻撃を発表する前の以前のインターネット掲示場の投稿には、彼自身の育成に対する鋭い批判が含まれていた。
彼の家族が彼をあきらめていたと信じて、加藤は2006年に自分の車を壁にぶつけて失敗した。

加藤容疑者は、6日から5日に起きた攻撃の3日前に、職場の人々が作業服を隠していると非難し、直ちに仕事を辞めた。
明らかに彼はこの時点で彼が仕事を失うことになると信じていたが、実際はそうではなかった。
これは攻撃を引き起こした可能性がある。

容疑者は携帯電話からメッセージを明らかに投稿し、攻撃の20分前に携帯電話で最終的なメッセージを伝えた。
警察当局者は、最初のメッセージに「秋葉原の人々を殺すだろう」と述べた。
彼が掲示したと主張されているその他のメッセージには、「私はガールフレンドがいたら、仕事をやめることはできない」、「私は自分の携帯電話に夢中になることはなかっただろう。」
 「私は一人の友人がいないし、将来ない。私は醜いので無視される。」

コメンテーターは、引きこもり現象やインターネットの自殺という別のケースとして、メッセージに基づいて事件を言及した。
その後のメッセージでは、操縦不能になるまで車両を使用し、ナイフを使って歩行を続けるという計画が明らかになった。
彼は、中央の道路が攻撃を開始する前に車両交通に正午に近づくのを待っていた。

容疑者加藤は、警察官が女性を刺されたことを発見した後、殺害しようとした疑いで逮捕された。
6月10日、警察は東京地検に送った。
6月20日の警察は、7人の犠牲者を殺害した疑いで再び彼を逮捕した。
同日、検察庁は最初の疑惑のために彼に訴訟を提出しなかった。
検察は、6月20日までに、東京地裁で精神科検査の拘束を認めることを決定した。

加藤は照会の間に協同組合であったが、時には怒っていた。
警察は、彼のアパートから、ナイフ、レシート、および1つのクラブの空のパッケージを押収した。

加藤は、攻撃の直前に携帯電話からすべての連絡先と連絡先の記録を消去した。
その目的は、彼の周りの人に迷惑をかけないようにすることだった。
加藤氏は後に、警察が注意を払い、掲示板に彼を止めることを望むというメッセージを投稿したと述べた。

ナイフは約12時40分頃、福井の軍事用品店からの攻撃の2日前に購入されたと伝えられている。
加藤は店内で約20分をかけて伸縮式バトンと革手袋を購入したが、彼はセールスマンと話をして笑って、刺すような動きを実演している。
加藤は攻撃の前日に秋葉原にパソコンを販売し、ソフトウェアを購入してトラックを借りて賃貸をした。

この攻撃は世界のヘッドラインを作り、日本全土に衝撃を送った。
伝統的には警察は暴力犯罪から守ると一般に信じられている。
日本政府はナイフを規制する法律を見直している。
東京都公安委員会は、安全対策が見直されるまで、日曜日と祝日に中央大学を閉鎖する35年前の練習を中止すると発表した。

コナミは、メタルギアソリッド43つの打ち上げイベントをキャンセルした。
その攻撃の結果として「参加者の安全を念頭に置いて」。
加藤の両親はテレビのインタビューで犠牲者に謝罪した。
2人のUstream(ユーストリーム)ユーザーがこの悲劇のライブビデオストリームを放送し、1000人から3000人の視聴者を集めたことが判明したとき、虐殺は日本のブログでも多くの会話を誘発した。
このイベントは多くの日本のブログやオンラインITマガジンで書かれているが、ビデオの録画は保存されていない。

「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008年)は、攻撃の時の現在のスーパー戦隊シリーズでは、番組の標準的な個人的な武器の1つである変身を特集した。
これはスイッチ噴射剣ロケットダガーと呼ばれているものをロケットに変えた。
武器の玩具版を作る会社であるバンダイとテレビシリーズを制作する会社である東映は、敵の攻撃の犠牲者を尊重してたのだ。
2008年6月17日、有罪判決を受けた殺人犯、宮崎勤の殺人犯は、加藤の虐殺に反応した疑いが持たれていた。
メディアは、この攻撃を「キレる」という流行のであるとし、東京の事件と無関係な若者たちは激怒した。
他の人々は、オタク文化を、強迫的で反社会的な行動の否定的なステレオタイプの答えとして分類した。

関連事件または類似事件

この事件は、小学生8人が死亡した大阪府の大虐殺のちょうど7年後に起こった。
2008年には、神奈川でのナイフ殺人もあったが、小規模である。
犠牲者に祈るために虐殺された1週間後に同サイトを訪れた福田康夫首相は、「日本でも同様の事件が年に10回程度起こるのではないかと心配している」と述べた。
警察庁によると、1998年から2007年までに67件の同様のランダムな攻撃が行われた。
第2次世界大戦以来、加藤の虐殺は「死亡者数の面では最悪のケースだ」と報道された。

攻撃の数日後、警察は、人気の掲示板2ちゃんねるに彼の意志を知らせる1件を含め、日本の他の地域での模倣殺人を行う意図のレスをした数人を逮捕した。
6月22日、大坂駅の女性の攻撃者が3人の女性を負傷させた。
38歳の女性が後で剃刀で被害者の2人を攻撃すると告白した。
東京ディズニーリゾートで6月15日にインターネットで脅威を起こした19歳の男性が警察に逮捕された。

6月8日から6月23日までに、脅迫的なメッセージを伝えたに12人が逮捕され、5人が警告を受けた。
脅威に巻き込まれた17人の人々は、13歳から30歳の間であった。
2008年6月26日、警察は、秋葉原にナイフを持っていることが判明した男性を圧倒して逮捕した。

男はトラックで買い物客を轢いたり撥ねたりし、その後17人を刺し、激しい攻撃で少なくとも7人が死亡した。犯罪率が低いという国に衝撃を与えた。
家電製品、ビデオゲーム、アニメ、漫画の分野で人気な秋葉原地区での日曜日の昼休みの暴力は、何千人もの人々を逃亡させた。
日本の小学校で大量虐殺された7周年に起きたこの襲撃は、一連のナイフ攻撃の最新のもので、日本の暴力犯罪の憂慮が高まっている。
25歳の男性、加藤智広が逮捕された。
警視庁の警視庁の青木報道官は、「容疑者は、秋葉原に人を殺すために来た」と警察に話した。

彼は人生に疲れており、彼はすべてがうんざりしていると言った。
暴動は、男が借りた2トンのトラックを歩行者にぶつけたときに始まった。
彼は飛び降りて、トラックでノックダウンした人々を刺し始めた、ぞっとするような事件である。
警察は6人の男性と1人の女性の死亡を確認したが、トラックに撥ねられ死亡したのか、刺されたのかは分からなかった。

報道によると、攻撃者は、最新のコンピュータ、家電製品、ビデオ、ゲームを満載した巨大な店舗が並ぶ通りを買い物客を刺した。
男性の証人は、全国放送局NHKに、「彼は無作為に人を刺すように叫んでいた」と証言した。
アマチュアのビデオは、警察が被疑容疑者を圧倒していることを示していた。
この攻撃は、電気街と呼ばれる地区を麻痺させた。
暴行の5分後に撮影されたアマチュア・ビデオは、犠牲者を助ける買い物客と、「救急車、救急車!」と叫ぶ人々が写っていた。

少なくとも17人の救急車が現場に駆けつけられ、救助された労働者たちは血を流した街の犠牲者に震え上がっていた。
夜が過ぎると、花束、緑茶の瓶、お香がその場所に置かれた。
日本の犯罪率は他の先進工業国に比べて低く、東京では1,270万人が比較的安全だと考えられている。
しかし、まれにこの国では当時は珍しかった刺殺事件が最近頻繁に増えている。
3月には、東アジアのショッピングモールの外に2刃のナイフを持つ男が、1人が刺され、少なくとも7人が怪我をした。
1月に16歳の男の子がショッピングエリアで5人を攻撃し、2人が負傷した。