加藤智大2 秋葉原に突っ込んだ経緯、彼もアキバ系オタク

加藤の務めていた工場で作業服がなくなったことが、秋葉原の殺傷事件を誘発したかもしれない。
東京の秋葉原地区で7人を殺して10人を負傷した加藤が、今月初めに工場で作業服がなくなって怒ったと同僚らは話す。
俺の仕事の服が欠けている! 容疑者(25歳の加藤智大)は同日午前6時ごろ、関東自動車工業(株)の東富士工場で交代開始直前に叫んで同僚に上司に警戒を促した。
上司が現場に到着するまでに彼は姿を消してしまった。

後日、工場で何が起こったのかと不平を言う携帯電話のサイトにいくつかのメッセージを載せた。
「俺が職場に行ったとき、俺の仕事服が見つからなかった。
俺の仕事をやめるべきかどうか?」読まれたブログの1つ。

「会社が俺を追い払ったことに満足している」と思うと別のメッセージがあった。
加藤容疑者は工場から解雇されたと思っていたとみている。
関東自動車工業(株)の橋本直之(54)総務官によると、11月14日、仮雇用庁に登録された加藤容疑者が工場に派遣された。
加藤容疑者は就職前のインタビューで、他の自動車会社で臨時従業員として働いていた間に、以前は自動車組立に従事していたという。

彼は関東自動車で一生懸命働き、同僚によると、通常の休暇を除いては休暇を取ることはなかったという。
彼は月に約20万円を稼いだ。
自動車会社との契約は3月31日に終了する予定だったが、1年延長した。
関東自動車は今月末までに派遣労働者を200人から50人に減らす計画だ。
しかし、雇用代理店は彼が工場で働き続けることができると彼に言いた。

加藤は雇用代理店が賃貸する1部屋のアパートに住んでいた。
彼は午後11時頃に家に帰ってくると数回見つけられた。
隣人は、彼らとほとんど接触しておらず、他の住民とは何の問題もないと言いる。
加藤は青森県立高等学校を卒業した。

青森市議会議員は、加藤氏は素晴らしい教育を受けていると語った。
「有名な筑波中学校を卒業した後、青森高校に入学した、本当のエリートだった」
議員の知り合いの娘は、中学校と高校で加藤の同級生だった。
しかし、彼は理工系大学の入学試験に失敗した。
1年後に同じ大学のではなく、静岡県の自動車専門学校に入学した。

小学校の年鑑で、加藤は自分自身を「熱い気持ちと頑固なもの」と表現した。
加藤智大が殺人ブログを記録した

2008年6月10日
東京の秋葉原の電気街のネオンライトの下に7人がナイフで刺された日曜日の5分間の暴力の噴火は、数カ月前から計画されていた可能性がある。
現代日本の若者文化の発祥地として有名な秋葉原の選定は、殺人の計画の中心的な部分であったようである。
そして、加藤智大はサブカルチャーへの執拗なオタクを標的に選んだようだ。

加藤の友人は、昨日、彼が「ネット空間で何時間も自分を失う」典型的なアキバ系のタイプとして彼を説明した。
彼はカラオケに行ったときに、テレビアニメのテーマ曲を選択した。
女性になると、彼は「二次元のアニメキャラクターのガールフレンドだけに興味がある」と宣言する。

日本の最悪の殺戮暴行を調べる警察は、攻撃が計画されていると信じている。
加藤容疑者は、催促の前日、秋葉原を数回訪問して野望の妥当性を確認した。
「数多くの人がいることを知り、数日前にこれを決めた」と彼は警察に話した。
彼の暴走の始まりに至るまで一体彼の頭のなかには何があったのだろうか。
暴力の日の午前5.2時にインターネットに公開された最初のコメントは、「私は秋葉原の人々を殺し、トラックで轢き殺し、車が役に立たなくなるとナイフを使う」だった。
富士山の麓にある兵庫から100km(60マイル)の距離を追跡する解説を載せており、そのメッセージは攻撃の数分前に終了する。
「時間だ; 俺は行く」

今週末まで、青森県北部の地元の高校を卒業した男性、車で働くために南に向かう少年の地方の町で、若い日本人男性の平均的な人生を導いたようだ静岡県の工場。
仕事の同僚によれば、彼はインターネットに深く没頭するだろう。
彼は何万人もの若い日本人男性と、日本のオタクのステレオタイプを作るのを助けた秋葉原とその迷路への情熱を共有したようだ。
もともと、オタクは、マンガコミック、ビデオゲーム、アニメポルノを含む青少年文化のサブクラスを指していた。

しかし、日曜日に、加藤氏の周りの正常性が危うくなった。
約8時45分に同僚の家に到着し、DVDとビデオゲームの袋を彼に渡した。
「このトラックで秋葉原に突っ込むつもりだ。」

3時間半後には、秋葉原は血まみれの大惨事になった。
犠牲者には、妻と息子との昼食を取っていた歯科医、東京芸術工科大学の学生が、殺人事件が起こった交差点のブースから携帯電話を売ることになっていた場所。
主流メディアは過去5年間、オタク文化の印象を悪化させてきた。
そして週末の恐怖は、秋葉原のオタクの疑惑や嫌悪感を高めるだけである。

アドマックス