個人情報 ネットショップの入力項目は最低限でなくてもいい

入力しなければいけないとオプション項目を区別して集め、使用目的をはっきりし安全に管理する場合は、最小限でなくてもいい。

法律でどのような情報が取られるかについてのルールはなく、簡単に言えば、情報を集める目的を決めて通知または公開するだけでよく、すなわち、その目的を書くことは不可能な、尋ねられても答えることの不可能な目的は情報は収集されない。

ネットショップに使う情報は(名前、住所、連絡先情報など)、商品を売買するためのものであり、その他の情報(メディア、性別、年齢、家族構成、購読雑誌など)は、「販売動向調査」や「販売戦略レビューの参考資料の作成」などの利用目的を明示的に示すオプション項目として入力し、任意の商品に関する情報を共有することで、ネットショップサイトさらにそれを強化し、今より良いビジネスに発展させる。

任意に共有した情報を利用することによって、新しいサービスや仕事が生まれることもあり、そのような可能性を消すというのは疑わしいが、しかし、情報を得ている限り、安全に管理し、セキュリティを入力しなければいけないとして確保することが義務付けられており、使用目的を示すことなく製品の購入に不要と思われる情報を入力する必要があり、そうしないと購入手続を完了するための次の画面に進むことはできないので、個人情報保護法(第16段落1)で定められた最小限の原則に違反する。

入力時から名前等とは別にオプションの項目を取り扱い、情報が誰のものであるかを特定できない場合は「個人情報」ではないと思われ、個人情報保護法の適用はないが、本人が入力するばあいは情報が同じ画面に入力されているかどうかわからないので、名前などのデータは別のものとして扱うようにしよう。

アドマックス