個人情報 社員の名簿の紛失と個人情報漏洩の関係

適切な管理を行えば大丈夫。
社員情報は個人情報でもあるため、企業は適切に管理する必要がある。
顧客情報のように安全に管理しなければいけない。
だが、社員情報は社員間で共有され、共同所有者間で自由に使用することができる。

なので情報の管理は非常に難しい。
企業秘密などの大切な情報は使用範囲が限られているため、大事に管理するのは当たり前だが、個人情報を厳格に管理するよりも、他人が使用可能とするといわれている。
社員情報は、営業の行為など日常的に使用され、多くの目的に利用されている。
なのでいつも漏出の可能性がある。

社員登録名簿を会社が配布するには、リストの管理に十分な教育と注意をしなければいけない。
つまり、使用目的をはっきりして使用目的以外の目的で使用しないことを明確に述べる必要がある。
使用雨方法について具体的に注意をして、社外での使用や社員自身の副業などでの使用などを禁止する措置しなければいけない。
リストは大切な情報なので、なくさないように注意すべきである。

紙の形でリストを配布するよりも、社内ネットに掲載してダウンロードは禁止することも効果的である。
このような情報を安全かつ確実に管理することもに、顧客リストなどの個人情報と同じく管理しなければいけないので、それにも注意すべきである。
従業員登録名簿の紛失は、情報の損失、漏洩とみなされる。
そのようなことは起こらないように気をつけるべきだ。
会社としては、個人情報の漏洩を防ぐべく慎重に管理する必要があるが、その程度まで実行しても情報漏洩を完全に防ぐすることはできない。
しかし、会社として管理をを徹底的に実行するしていると考えられているため、免除されることになる。