個人情報 教師は他のクラスの生徒の情報も利用できる

必要な場合は教育のために自由に取得することができる。
生徒の教育を実現するための情報を集めることは非常に大切であり、使用の目的は「教育」として広く認識され、不可欠と考えられる大量の情報を集めるすべきであると考えられる。
別のクラスの学生の情報収集という視点から考える。
「教育のための」目的の狭い理解は、教師が担当したクラスに限られているように見えるが、教師は自分のクラスの生徒としか話さないことはない。

時々、別のクラスのいろいろな生徒と、そして時によっては外の生徒と交流する。
教師は、必要な程度に子供や学生を取り巻く環境を考慮した教育指導を考慮する必要がある。
限られたクラスだけで教育するよりも、必要な程度に、生徒の環境を汲み、教育しなければならないと言える。
なので、教師が教育に効果的であると判断した場合、他の生徒や授業の関連情報集めることは重要であり、教育活動の一部と言える。

特に、運動会、修学旅行といった学校の行事、地域活動、社会教育活動などの事象を前提に、自分のクラスだけで活動することは難しく、他の情報を使わずに十分な活動を確保することは困難である。
このようなことからも、様々な情報を集めるべきであり、「教育のため」という目的のために多くの情報を集めることが最適と考える。
このような観点から、教員間の情報交換は自由に行うべきである。
教師がお互いに情報を渡し、包括的な判断をできるようにすることが大切である。
すべての教員が学校のメンバーであるため、必要な分だけ学校で収集した情報を共有することは必要不可欠であり、制限を課すことは適切ではないため、教員は学校で収集したすべての情報を使用するのが合理的である。