個人情報 緊急連絡網は作るべきで、通常時も活用する

緊急連絡網はクラスの早急な連絡ができるように作られたが、個人情報保護法の施行以来、これを止める学校がらしい。
緊急連絡網というネットワークは必要なのだが、禁止した学校があるのだ。
このような情報ネットワークの構築は、個人情報の第三者提供であり、家族の元から漏洩する可能性があるため、作成されていないとらしい。
だが過去に私が言ったように、クラスの学生は第三者ではない。

だから、たとえクラスの生徒の名前や住所などがその人の情報、家族情報の見方などであっても、この問題について不思議に思うかもしれない。
だがこの場合、家族の連絡先や保護者の名前はそれ自体では使用されず、最後まで生徒を護るためにと学校の教育に大切な情報としてコミュニケーションを取るために使用される。
生徒の保護および教育に重要な情報として必要とされる。
なので、この情報を学生についての情報として共有して利用する必要があり、緊急のためだけではなく、保護者が交互に存在を確認し、学校のためにお互いに連絡してお互いに連絡することが大切だ。

緊急連絡先ネットワークであっても、連絡先となる個人にのみ範囲を絞り連絡先ネットワークを作成することではなく、生徒や保護者が家にいない場合は、できるだけ柔軟に対応した方がいい。
そのような緊急事態に対応すべく、十分な情報を共有する必要がある。
そのような情報を共有することは、お互いの細者が生徒を保護することに大切だ。
学校の周りでは色々環境が変わることがあり、生徒に危険な状況が発生すると考えることが大切だ。
一方、両親が家にいないために両親に連絡することができないと仮定して、適切な危機対策を講ずることができる体制を構築することも必要だ。
なので、学生だけでなく、両親が相互に孤立することなく協調できるように、十分な情報共有を推進する必要がある。