テレビや映画などのメディアと暴力や殺人との関係

メディアが暴力を生む場合もある
メディアの規制が必ずしも暴力を減らすわけではない
映画などがなかった時の暴力はもっと残酷
世界はきれいなだけのものではない
殺人などの恐ろしさに耐えることは、現代国家の居住者として当たり前のこと
1993年英国リバプールで、2人の10歳の少年が2歳の男の子に強烈な暴行をして、その遺体を線路に残したバルガー事件では、チャイルドプレイという映画と犯罪との関係が討論された。
事件担当の裁判官は、それは説明の一部となることを指摘したが、メディア規制について言及しなかった。
米国では、通信品質法(CDA)が1996年に制定され、猥褻な画像やビデオを未成年に見せるとに罰金25万ドル以下、禁固5年未満に処される。
CDA、クリントン大統領も署名して発効するものの、企業や市民はが起訴し、強烈な議論になった。
結局、下品の定義は抽象的なものであり、明白な萎縮効果があるとし、最高裁判所はそれが「違憲」であると満場一致で判決を下し、法律は埋葬された。
元FBIのJ.ダグラスは、「幻想のない暴力はない」と彼は言った。
乱暴な殺人犯の動機を促進し形成する暴力的なポルノというのを示し、法的規制の必要性を言及した。
また、ポルノが犯罪に影響するかどうかの疑問は、このように回答した。
「ただ読んだり見ているだけでは超えられないものがある。
本当に殺そうって思うことがある。」
バンディには、ポルノが暴力的なレイプ殺人に多大に影響していることは間違いない。
だが、ポルノグラフィーがなければ、バンディー殺さなかったか、疑問がある。
イスラム諸国、中国、韓国、シンガポールなどでの規制は、それは想像もできないほど深刻
中国には死刑もあるが、メディアの規制が緩和なフランス、スウェーデン、西欧諸国と、シンガポール、韓国などの規制の激しい国での殺人率はほとんど変わらず、殺人率とメディア規制の程度との因果関係は関係していないと思う。
要するに、メディア規制が必ずしも暴力的殺人を減らすわけではない。
魔女の狩りの時代、ジル・ド・レが少年の腹を切り、オナニーしていた時代、ジャック・リッパーが媚婦の子宮を取った時代、現代なポルノはない。
世界は決してきれいな時代はなく、これからもないだろう。
犯罪と暴力、虐殺や戦争が世界の姿でというのは残酷な事実で、そこを直接見ていない限り、世界の本質を見ることはできない。
政治家の投票稼ぎとピューリタニズムの原理主義の解釈で、間違った結論にあるべきではない。
確かに、ハリウッド映画を含む一般的な作品の中で、芸術的、社会的意義のない暴力や性描写は氾濫し、多くの人々はそれに慣れていないだろう。
私もである。
もし私がルイ14世の場合は、通信品質法違反者は死刑を宣告する。
しかしながら、今の民主化社会でデスゲームなどの殺人作品は不満足なゴミ作品であると批判することはできるが、包括的に公開、開示を禁止することはできない。
米連邦最高裁判所長官は、「民主主義はいつも歯がゆい」と述べた。
裁判官レンクスティストは、 民主主義の疑問点を許容できず繰り返し保守的かつ慎重な判決をしていることで有名。
米国では、現代の法的秩序を軽視した物事がしばしば起こり、正義を歪める法制度を生み出す。
それが米国カの特徴でもあり、通信品質法の判断は説得力があった。