音声圧縮技術の音質評価基準2

MP3エンコーダによる音質の劣化が "好みの音の味」になる可能性を安易に言ってしまえばほとんどの人の期待を裏切ることになるだろう。
音声圧縮による音質の劣化は、アナログな音質の劣化とは違い、時には音楽の楽しさを邪魔するのに十分なくらい音質をかなり低下させてしまう。
可能なそのような場合が発生しないようにするのは、まさそく透明性の追求に他ならない。
他にもいろいろエラーが蔓延している。
MP3エンコーダなど音声圧縮技術の評価を掲載したいメディアは、今後さらに増えるだろう。

そのメディアの所有者は、間違った、社会的に有害な音質評価を書こうとする作家の注意を払う必要がある。
そのような作家を放置しておけば、音声圧縮技術を常日頃使用する人に不便を強いり、最終的に、メディアの評判を落とすことになるだろう。
最も恐ろしい間違いは耳の代わりに目に音質を評価することである。
波形とパワースペクトルを目で観測して音声圧縮技術の音質を評価することは間違いである。
「音楽は目がなく、耳を楽しむ」という当たり前の基準に照らしても、目で音質を評価することが間違ってあることは確かである。

だが、損失音声圧縮技術の音質評価を目で行うことはそれ以上に間違っている。
非可逆圧縮技術がなぜ非可逆かは、圧縮する前に情報の一部を消しているからである。
人間の耳や脳の聴覚による情報処理の特性をうまく利用すれば、波形情報をたくさん消しても、人間ははほぼ完全に同等の音に聞こえることがある場合もありえる。
音声圧縮技術は、それを利用して、人間が認識できる音質を最大限に維持しながら、高圧縮率を達成しているのである。
波形とパワースペクトルが圧縮する前から大きく変化していても、人間が認識することができる音はあまり影響がないかもしれない。

したがって目による波形とパワースペクトルの観測を手段として音質評価には無意味。
実際にかなり音が劣化したことを自分の耳で確認した人は、スペクトラムアナライザによる音質評価がどのように信じられないことができないを体感可能であるだろ う。
音声圧縮技術の音質評価は、圧縮する前と圧縮された音を人間の耳で聞いて比較して行わなければならない。
人間が認識することができる音の変化がどのような原因で発生したかを解析析する際に、波形とパワースペクトルの観察が有用である。
だが、最終的な音質評価は、「人間にどんな風に聞こえるか」を基準に行わなければならない。

リスニング試験は、プラシーボ効果を防止するために、必ず二重盲検でなければいけない。
音声圧縮技術の音質評価専用のフリーソフトウェアが配布されているので、誰もが手軽に透明性の基準に基づいて、音質評価を行うことができる。
しかし、適切にリスニングテストを実行するためには、注意しなければならないことが山ほどあり、全部の注意事項をクリアするためには、十分な知識が必須である。
例えば、異なる圧縮結果の音だけを聞いて比べる試聴試験は、音声圧縮技術の音質を評価することは不十分である。
圧縮結果を相互に比べたい場合には、リスナーが圧縮する前の音も簡単に聞けるようにしておいて、圧縮する前の音と比べて、両方の圧縮結果の品質を評定してもらる事が必須である。

そのほかにも注意しなければならないことが多い。
例えば、微かな音質の違いしかないときは、デコード結果のオフセットにも注意を払う事が必須で、視聴環境でDSPの種類は、全部解除しておかなければならない。
圧縮技術の音質評価を掲載するマスメディアのABXテストを義務付けるべきだ。
ABXテストを抜いた音質批判は全部無駄である。
圧縮する前と圧縮された音の鑑別がつかないならどのような圧縮方法の音質が優れているかどうかなどの評価方法などないだろう。

仮に視聴試験に使用した圧縮する前のサンプル音源を公開する場合は作家個人の主観が入った視聴試験だったとしても充分に有意義になるだろう。
耳のいい作家が書いた音質評価が雑誌などのマスメディアに載った場合、一般大衆に公開されたサンプル音源を使用した読者による再検査で、その作家と載せたマスメディアの評判が上がるだろう。
だが、仮にサンプル音源を公開せずに、読者による再検証を拒んだ場合、作家個人の視聴試験の結果は、信用出来ないだろう。
仮に音楽の趣向が、他の多くの作家によって複数のリスニング試験の結果が告知されるようになると場合、読者は自分に趣向が近い作家の結果を重視するような選択ができる。

雑誌の場合、CDにサンプル音源が入っている場合、読者は嬉しいと思えるだろう。
著者への配慮のために、サンプル音源を勝手に投稿することができない場合は、「CDを売る」方法がある。
サンプル音源に一部を使う曲は、可能な限り良いものを選択しなければならない。
素晴らしい曲を紹介すれば、その曲が入っているCDを売るのは良い方法だと思う。)