法医昆虫学と人間の死体の関係の研究1

法医学と昆虫学の研究は日本ではあまり研究されておらず、裁判で証拠を得たこともない。
ほぼ法医学専門書にも名前だけしか言及しておらず、真剣に研究した論文は存ない。
最先端の米国でも注目されているが、研究者がほとんどいない。
今後、日本でも真剣に発展すると思われるため、短期間に先駆者としての地位を確立することができる少数分野だ。
しかしながら、とんでもない腐敗臭の中蛆虫を観察するのは揺れない信念が必須だろう。
昆虫学者は、死体についた虫を収集し、研究データと比べ、死亡推定時間を計算する仕事をする。
しかしながら、室内に放置したが、腐敗が進んだので外に捨てたなどして、死亡時間と死体が破棄された時間が極めてさがあれば昆虫学が必要とされる現場に捨てられた後の時間なので、死亡時間の推定は、他の方法に頼らなければいけない。
昆虫は、場所に応じて種類が異なり、温度・湿度・遺体の状態など、色々な条件下で育つ速さが変化するので、大量のデータを予め蓄積しなければ実用性は非常に不足しているかもしれない。
一般的に、昆虫が卵を生むのは目・鼻・口耳であり、出血がある部分は、もっと昆虫が集まる傾向がある。
出血部位に昆虫やその卵がなければ、遺体が外に放棄されて時間が経過していないのだ。
口が空いているのに、口の中に虫が存在しない場合
毒を摂取している可能性がかなり高くなる。
コカインをたくさん吸っていた遺体ならば、鼻の穴の中にウジ虫が普通よりも早くで成長している。
他の箇所よりも成長が尋常でなく早いときは、薬物の可能性を考慮される。
農薬による自殺のときはむしろ、死後経過時間に比べて虫の数がかなり少ない。
一般的に、性器と肛門のわわりは、昆虫が集まるのは少ないが、生前に暴行を受けて出血があるならば、妊婦だったら、糞尿があるときはは、群生している場合がある。
通常、死亡後の経過時間が長ければ長いほど死亡日の決定は困難。
また、捨てれられる数日前から、遺体が建物の中にあれば、蠅の生育状態だけで決めるのは難しい。
また、ブランケット等で密閉度があるときも、昆虫の発生が遅くなる。
死亡後の経過時間を推理するために、一般的に、蠅の生育状況を見るが、ウジ虫は見た目ので類を判断することが困難で、生育速度は、温度や湿度に影響を受ける。
したがって正確に推理するには、同様の環境で育成情報に加えて、遺体から集めた虫の成虫まで飼うすることが必須。
実験したときに、一番良いのは、人の体であるが、23-25kgの豚であれば、人体とほとんど同じ情報が獲得できる。
FBIの研究所でも豚が使われている。
日本では、イエバエ類の発生は3月下旬から増え、発生のピークは7月、8月にはわずかに減り、初秋に改めて増増えた。
イエバエは羽化した後、1ヶ月程度生き、メスは死ぬまで3〜4回、1回に約50〜150個ほどの卵を産卵。
卵から幼虫、蛹を経て成虫になるまでの期間は、気温が熱いほど短縮され気温が20度の場合は20日、30度のときは、9日に大人になる。
成長した幼虫は、ジメジメした場所で這い出し、乾燥した場所で蛹になる。
成虫は夏には涼しい場所に住む。
イエバエは餌のある場所に滞在し、風が強い日には、800m程度飛べる。
ウジ虫は呼吸のために気門を複数台持っており、1組は頭部、もう1対は尻尾にある。
発育段階は、最初の年齢から3歳まで、3歳の時、気門の数は3に増える。
昆虫採集のステップ
採集した昆虫は、2つのグループに分ける。
一方は70度のお湯に入れて、アルコールに移し保管する。
生の肉などを他の一つに食べさせる。
このとき、土を採取し死体の下の土壌に含まれている微生物を調査するために。
採取した時間と採取した体の部位などを記録する。
そうしないと、死亡推定時間を算出しても誤差が見つかる。
新鮮なときから膨張が開始されるまで。