恐ろしい凶悪殺人鬼の幼少期の悲惨な虐待2

ジョセフ・カリンジャーは、6歳の時に敬虔なカトリック教徒の里親にて引き継がれた。
母はしつけるためにジョセフの手を火に焼いて、 泣く顔を殴る。
彼は他人を苦しめることに喜びを覚え、 彼自身がサディストな親になった。
生命保険を13歳の息子に適用し、 必死に懇願する息子を、楽しむかのように溺れ殺した。
ケンパーは母の首を切って、声帯をゴミ箱に捨て、 首のない死体とのセックス、、また、暖炉の上に首を置いて、そのダーツの的にした。

 ケンパーの母は、典型的なこの暴君で少しのことで、すぐ怒り、地下室にケンパーを監禁した。
 子供の頃にはケンパーは「処刑ゲーム」ととして、いわゆる人形の首を切って楽しんだ。
他にセックス依存症の母もいる。
ボビー・ジョー・ロング母に似た売春婦型のような、女性を大勢殺した。
 本人の証言によれば、 彼の母は、この彼は眠っている部屋で男をたくさん呼んでセックスした。

また、13歳のまで母と一緒に寝ていた。
マンソンの母親キャシー・マドックスは売春婦で、 出生時から証明書に「No Name Maddox」(無名のマドックス)と書いた。
 子育てはしなく親戚に預けてしまい、バーに売られたという有名な噂がある。
叔母さんに預けられたが、叔母の主人はマンソンを臆病者ゲイと呼び、 何かあればで女装させ学校に送った。
 ルーカスのほとんどの母親は、乱暴で、アルコール依存症、 いわゆる麻薬ディーラーだった。

 原因は不明だが、このように、彼は生まれてから7歳まで女装させられ育てられた。
 教師が長い髪を切るよう言ったので自分で切ったら、 無表情で後頭部頭蓋骨を骨折するまで、木の棒殴打した。
彼は性交を見るように強制された。
 1951年にルーカスはで大量殺人の初めの被害者に母を殺害した。
だが、虐待は、PTSD・鬱病・境界精神分裂病と同じく、訴訟が発達した米国の場合、刑事処罰の軽減用のような言い訳みなされていることも事実で、今後は、犯罪との因果関係をどれくらい認識できるかを検討し、検討する事が不可欠。

映画「8mm」において「機械」と呼ばれる殺人犯が、母が教会にいる間、ニコラス・ケイジ演じる主人公の探偵墓でたたかうする場面がある。機械はこう言う。
「虐待はない」
「俺の好きな事をしている。
「持って生まれた性格だ」
その猟奇殺人の遺伝子から、虐待的なしつけが好きな父を見つけるのは簡単である(逆も簡単)。

ゲーシーの父は、 彼に「臆病者ゲイ」と、怒鳴り散らした。
 また、 暴力的でアルコー依存症でひどい暴行自分の妻にした。
 また、ゲーシーが飼っていたかわいい犬を銃で殺害する罰を見せた。
 デサルボの父は、売春婦家に呼び妻と喧嘩し、殴り、まだその子供アルバートに妻の指を一つずつ楽しむかのようにそれのために折るさまを見せた。
ボストンに「恐怖を与えた、デサルボは父をこのように語った。

 「父は、いわゆる配管工だった。
昔から俺に襲いかかり腰をパイプで殴りやがった。
避けることもできなかったくらいにな」-アルバート・デサルボ

ただし、このように子供の頃が不幸でも殺人を正当化する事はできず、減刑も間違っている。
虐待されても多くの人々が普通に生きている。
広島の原爆で凄惨な死体を見た者の子たちが、恐ろしい殺人鬼に変わり果てたいう話は聞いた、ことがない。
アーサー・ショークロスは、、ベトナム戦争での悲しいな経験から、心的外傷後ストレス障害のPTSDを主張したが、東京は大空襲で30万人の死亡者をたくさんに出したが、今ではかなり安全な世界でも珍しい都市である。
子供を虐待するのはもちろん悪いが、虐待が異常な犯罪者を生み出す主張は、非常に疑わしい。
結論として、「遺伝+環境」が猟奇殺人犯をほぼ作り出すというのは、因果関係がややこしいので、「虐待が減ると、このように殺人が減る」という単純な答えはありえない。
また、酒鬼薔薇、宮崎勤、麻原彰光をは虐待を受けていない。