研究批評を書く人のための序論1

論文の基本的な構成
タイトル/サブタイトル
氏名/所属/コンタクト-電話、ファックス、電子メールアドレスなど:所属機関が発行する電子メールアドレスを使愛用することが正式に なっているが、最近、サイバー犯罪が多発している状況では、送信電子メールやフリー電子メールを使用することも仕方ないろう。
(特に論文がオンラインに一般大衆に公開されるケース。
JapanYahoo!のような無料電子メールは受信した電子メールを、指定したアドレスに自動的に送信する機能があるので、電子メールを確認しなく ても、このような用途には適していると考えている。

主旨、本文、参考文献、付録、目次。
上の5つのものがあると、読者はかなりに便利だ。
この論文自体の構成要素ではないので、電子メールでファイルを送信するときに、電子メールの本文に貼り付けてもよいろう。
目次を文章に含めるには、「要旨」の直前(または直後)に、「目次」をしておくと楽だ。
目次から本文にハイパーリンクをつけておくと、より親切だ。

とにかく、草案の段階での「目次」は、以下のようにインデント(頭下げ)を利用して、論文の全体構造を視覚的に表現する。
更に、節・エントリで、主に取り上げる文学と提示する図も明記してください。

下が目次の例である
1.はじめに
2.競合模型の概要と講究方式
 2-1.手がかりの連帯と競合、
2-2。研究の方法...
2-2-1実験的研究、
表1
2-2-2。シミュレーション、表2、図1

批評の目的
0.卒業論文と修論/博論研究を開始するための準備作業のケース:
これまでいくつかの研究が行われてきたのか、漫然と文書を読むだけでなく、自身の言葉で表現することにより、知識を整理整頓する。
セミナーなどで一緒に論文を検討している同僚にも共通の知識を与え、その議論の基礎とする。
この段階では、自身が「何を知っていないか」注意だけで批評に従事価値があると思う。
読んだ時は分かったつもりで文献から、いざ自身の言葉で整理しようとすると肝腎な部分が理解できないのは、嫌いでも分かるようにされているケースがしばしばあ る。
その注意が、深い読解を促す。
この業界で優秀になるための第一歩である。

1.研究報告「これまでの研究」の章のケース:
自身の研究を昔の研究の流れの中で位置づけ、「なぜ研究課題が重要である」を読者に納得させる。

2.独立した批評論文/紹介記事のケース:
分野の動向をまとめ紹介し、または、自身の視点と問題の再調整を提起する、未解決の問題への答えや解決策を提供する。

三者は、スタイルや長さなどにおいてかなり異なるが、もちろん、共通する要素も沢山だ。
修論準備セミナーで書いた0に基づいて1.を仕上げ、その後、自身の研究成果を収め2.整理、雑誌などに発表のケースは一石三鳥である。
(それ博士論文の一枚に使用することができているケースであり、一石四鳥。)
「入門」と「紹介」と「報告」と「展望」と「論考」と「メタ分析」の違い

上記の「独立した批評論文/紹介記事"の目的対象をより考慮してみよう。
厳格な区分はないが、大まかに次の6つのタイプに分けて考えると理解できると思う。
(もちろん、一つの論文が複数の役割をすることもできる。)
自身の研究の準備作業にこれまでの研究の整理を作成する場合、まず、次の「動向レポート」あるいは「展望論文"を執筆意図数に対応するものであ る。
「入門」...門外漢が初めに読むためのガイドライン。
一見書きやすそうだが、正確で分かりやすい入門を送るためには、研究の全体像を本当によく理解把握して不可欠な概念を精選して、アマチュアでも理解できるよう に、適切な表現・例示・比喩で噛み砕くことが必須で、実は奥が根深い。