引っ越しの歴史 昔は輸送会社が担っていた

現在、引越センターや引っ越し専門店などの移転に特化した運送会社が無数にあるが、元来引っ越しは、一般的な運送会社の事業の一つとしてのみ処理された。
引っ越しビジネスは現在、サービス産業であり、荷物の梱包と開梱、家の掃除や商品の販売を行う場所もある。
私の親は60代に入っているが、ずっと前の運送代理店から想像することはできないらしい。
私の若いの頃、運送会社のために働く知人にお願いするか、町の会社に引っ越しを頼む以外に選択肢があらなかった。
レンタルカーを借りるなど、夢のような話だった。なぜならその時に車を運転できる人は貴重な存在だった。

私がどこに引っ越すと言ったら、隣人が私を助けた。
その頃の運送会社の名前が暗示するように、当時の運送会社はトラックに沿って来て荷物を運んだだけだった。
私はすべての持ち込みをしなければならず、家具を持ち出して置かなければならなかった。
今は非常に考えられないことだが、包装をあまり行わない、かなりばかばかしい運送だと予想する。
現在は手荷物に小さい傷をつけるだけで怒られるかもしれないが、私の近所には素晴らしい家具を持っていた人がおらず、使用できれば良い家具なので傷は無視していた。

食器が壊れても当然という店が好調に動く時代だった。
しかし、昔の道路がでこぼこであったわけではなく、運送業者自体は少なかったので、そのころの運転手は非常に真剣に取り組んでいたことを思い出した。
ずっと前から私の人生の大きな出来事だ。会社に私の富を全部渡しているからだ。
引っ越し業者が他人の人生を運んでいるのだ。

昭和50年頃からか?
テレビやラジオで引っ越しのCMを出す会社が現れた。
その頃は時代の需要に合った製品だったようで、急成長を成し遂げているようだ。
現代にテレビコマーシャルを放送する引っ越し会社が少ないことを思うと、革命的なビジネスであったかもしれない。
引っ越しという言葉に耳を傾けたときにテレビコマーシャルを想像するだろう。


会社としてはこれまでの運賃に加えて手数料を頂戴することができ、引っ越しする人の身体負担を十分に縮小可能なので、引っ越しビジネスは現れて当然の産業かもしれない。
今、引っ越し作業のみを行う会社が存在するため、ニーズのある業界であるのだろう。
それでも引っ越し会社と会社のキャラクターマスコットがすべて動物であるのはなぜだか?
私はまた彼らの起源について個人的に非常に興味がある。
私は自分の考えを作ってみたが、誰かが正しい答えを知っているかどうか教えてください。

「象→強い」、「キリン→高所に運ぶ」、「猫の猫も借りたい」、「チーター→クイック」
そのようなことではなく、私はそれが可愛くて愛らしいことによって決められたと思う。