恐ろしい凶悪殺人鬼の幼少期の悲惨な虐待1

 「不幸な幼年期・不幸な環境」は、弁護士が使用する言い訳と言えるのだろう。
 文豪のエドガー・アラン・ポーは、幼児期に孤児になって、 大学で勉強しているうちに、そのためにギャンブルに莫大の借金を作って大学を辞め、 軍のウエストポイント士官学校もいわゆる素行が悪かったので退学処分された。
 このように、その後、結婚してすぐに若い妻が死んでいる。
ロックフェラーの父は万能薬とのように呼んだ、石油を満たしたボトルを売って、 カナダで仮名を使用して、重婚した。
 カーネギー、 ロナルド・レーガンの父も客観的に非常にの問題を抱えていた。

 親に問題があることと、子供の非行とは因果関係が明確ではない。
 また、リンカーン大統領や救世主イエスが貧困家庭に生まれたのは、よく知られており、ベンジャミン・フランクリンの場合、正規教育は2年しか受けられないほど貧しかった。なのでいわゆる家庭環境も同様。
松下電器の松下幸之助は余念の頃、小学校退学した。
しかしながら、少しの愛情のさえ見当たらないくらい虐待ががひどいときは、 そこで猟奇的な犯罪者が生まれる可能性も高い。
ボストン・ストラングラーとして名高いデサルボは、それはアルコール依存症の父親に奴隷として売られている。

 ルーカスは、 母がまだ幼児のルーカスを膝の上に乗せバーでいる飲めばウェイトレスが「子供をが欲しい」といえばビールにため売られた。
 虐待は、裁判で言い訳になると言えるだろうが、 ほとんどの場合、猟奇的な殺人犯は子供の頃を、 無限の性的虐待や、 体罰が延々と続く毎日と書かれる。
 しかし、虐待を受けても、いわゆる大多数の人間は殺人鬼になることはない。
ジョエル・ノリス シリアルキラーp263には被虐待児は、アメリカでは毎年、200万人とあるが、 このように、大勢の子供がために、虐待されていない子供よりも犯罪率が、高い科学的証拠はない。
 第3世界の子供たちは米国人よりも環境が圧倒的に劣悪なところででの成長だが、人口5%の米国は、殺人の75%を排出している。

日本では、世界で犯罪発生率が最も低い国のひとつであり、最近まで教育で子供を殴ることはので当然だと言われてきた。
大切なのは、親と教師が愛情のない暴力を行使したときだ。
子供の頃に親と社会との信頼関係の構築がほとんどできなかった場合、以降の生活の中で、人間を新ワイすることの基盤が奪われる。
このように現実の人間との信頼と愛に基づくその時から関係は、健康に生きる場合は必要だが、虐待暴力で他者を信じるすることができなくなって、現実の人間に失望し妄想世界に生きるようになったなら、非常に危ない。
ルーカス母に虐待され、かなり恥ずかしがり屋で義眼を入れた(兄と喧嘩し、ほぼナイフで失明させられた)を入れており、 学校でいじめをされた。

 信頼・その時から尊厳・愛など、肯定的な特性を育てるのではなく、妄想やファンタジーで頭いっぱいして外との交流が、その失われる
 親はどのようにすべきだろうか?
 過度の干渉するか、全然愛情を表さないか、あるいは性的にだらしがないか、セックスを悪とする極端な親がよく非難される。
ダーマーの母親ジョイス・フリントは、それが過度の干渉であったと認め、こう述べた。
 母のこの責任は、非常に深刻なのだろう。
 ルーカスは、連続殺人の初めての被害者は母。

 ケンパーは最終的に母を殺害した。
 猟奇殺人犯は、母との関係は、普通はあり得ない、 または、ほとんどかなりおかしなな形になる
(スティーブンエッガー、私たちの中のキラーたち)
異常に干渉する母親は、成熟していない人間を生むかもしれない。
ゲインの母は、宗教信念から、 女性を罪に塊で病気の原因であると教えた。
彼はカップやトイレとして女性の頭の骨を使い、 これは、このように自分自身の浄化の儀式だった。